一般家庭でウォーターサーバーを使用するメリット・デメリットとは?

ウォーターサーバーを家庭に導入するメリット

ウォーターサーバーを家庭に導入する事で安全でおいしい水を常に飲む事ができます。ペットボトルの飲料水を買ってくる場合は自分で量販店まで行って購入してから自宅まで持って帰らなくてはなりません。しかしウォーターサーバーを設置すればボトルをその都度自宅に配送してもらえるので、買い出しにいく手間がなくなります。さらにウォーターサーバーは冷たい水だけでなく、サーバーを使ってお湯を出す事もできます。
これを使えば簡単にお湯を使えるので、ホットコーヒーなどを作る時も簡単にお湯を用意できます。さらに家庭にウォーターサーバーを導入すれば万が一水道水が出なくなってもウォーターサーバーの水は使えます。そのためウォーターサーバーの水は家庭の備蓄水にもなって、災害時の備えにもなるのです。

ウォーターサーバーを導入する時のデメリットと注意

ウォーターサーバーは導入後にボトルで水を購入する必要があるので、同じ量の水を使っても水道水よりはランニングコストがかかります。また導入後使わなくても契約期間内は水の定期購入制度がある業者が多いので、ある程度の数はボトルを購入する必要が出てきます。そのため導入してもまったく活用できていないと費用的に損をしてしまうので活用できるか導入前に家庭でしっかり検討する必要があります。
ウォーターサーバーは設置してから水を補給してずっと使っていると汚れが発生します。そのため定期的にサーバーをしっかり掃除をしないと衛生面で問題が出る可能性があるので、家庭で使う時はサーバーの衛生状態にも気を使わなくてはいけません。

ウォーターサーバーの価格は、設置費用や電気代、ランニングコストなどに左右されますが、各家庭の経済的な事情に合ったものを選ぶため、複数の業者に相談をすることが大切です。